小型船舶免許を国家試験免除で取得するメリット・デメリットとは!

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/06/20


小型船舶免許の取得には、国家試験免除型と国家試験受験型の二通りあるとご存知でしたか?それぞれの違いがわからないという方のために本記事では、小型船舶免許を国家試験免除で取得するメリットとデメリットを紹介します。国家試験免除にするかどうかで迷っている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

小型船舶免許における「国家試験免除型」とは?

小型船舶免許は、身体検査、学科試験、実技試験の3種類の試験が行われます。国家試験免除型の場合は3種類の内の学科試験と実技試験が免除されます。学科試験と実技試験が免除されるからといって試験を受けなくてよくなるわけではありません。代わりにいつも通っている教習所で、終了審査を受けることになります。

国家試験免除型は、修了審査に落ちてしまった際に無料で再試験を受けられることが多く、国家試験受験型よりも授業時間が多いことが特徴です。授業時間が長いため、しっかりと知識を身に着けることができ、理解できないことがあった際にも講師に質問することができます。初めて小型船舶免許を取得するという方や1人で勉強するのが得意ではないという方などは、国家試験免除型がおすすめです。

国家試験免除型と国家試験受験型の違い

免除型と受験型では、試験を受ける場所、教習所の費用、教習所に通う時間の長さが違います。免除型の場合は、普段通っている教習所で普段使っているボートを使って審査を受けることができ、受験型よりも教習所の費用が高く教習所に通わなければいけない時間が長いという特徴があります。受験型の場合は、試験を国家試験の会場で受ける必要があり、費用は免除型よりも安いです。

具体的に費用や時間がどのくらい変わってくるかは、取得を目指す免許の種類や通う教習所によって違ってくるのでよく確認してみましょう。できるだけ早く免許を取得したいと考えている方、しっかりと教えてもらいたいという方には国家試験免除型がおすすめです。免許取得にかかる費用を少しでも抑えたい方や、勉強は得意なため時間をかけて教わる必要はないという方には、国家試験受験型がおすすめです。

小型船舶免許を国家試験免除で取得するメリット・デメリット

ここでは、小型船舶免許を国家試験免除で取得するメリットとデメリットをまとめて紹介します。国家試験免除型にするかどうかで迷っているという方は、ぜひ参考にしてください。

知識がしっかり身につく

免除型には知識がしっかり身につくというメリットがあります。国家試験の免除を受けるためには、教習所で規定時間講習を受けなければいけません。そのため、しっかりと教わることができるため十分な知識を身に着けることが可能です。わからないことがあった際にも質問することができるため免除型は、初めて小型船舶免許に挑戦するという方におすすめです。

修了審査を慣れた場所で受けられる

免除型には審査を慣れた場所で受けることができるというメリットがあります。国家試験の免除を受ける場合、修了審査を代わりに受ける必要がありますが修了審査は、いつもの教習所で普段使用しているボートを使用して受けることが可能です。国家試験を受ける場合、国家試験の会場まで行く必要があるため交通費や時間がかかってしまいます。慣れた環境で受けることができるため、初めての小型船舶免許取得という方は免除型の方がおすすめです。

審査に落ちてしまっても無料で再審査を受けられる

国家試験免除型は、ほとんどの教習所で修了試験に落ちてしまった際の救済措置として再審査無料となっています。試験に一度で合格できる自信がない方は、国家試験免除型の方が安心です。なお、免除型でない場合一度国家試験に落ちてしまうと、再試験に学科試験の場合はおおよそ3,0001万円、実技試験の場合はおおよそ9,00012,000円ほどかかります。免許の種類によって価格が変わってきます。

講習終了後すぐに審査を受けられる

免除型には、講習修了後すぐに審査を受けることができるというメリットもあります。そのため、免許取得までにかかるトータルの時間を短縮することができます。できるだけ早く免許を取得したいという方は、免除型を選びましょう。

時間がかかる

国家試験免除型の唯一のデメリットは、教習所で規定時間講習を受けなければいけないため、拘束時間が国家試験受験型よりも長いことです。受けなければいけない講習の時間は免許の種類によって変わってきます。免除型の方が教習所に通う時間がかかるといっても、受験型は自分で勉強を行わなければいけないため教習所以外に自習が必要となってきます。

そのため自習の時間を含めるとあまり時間の差はないと言えるでしょう。自習が得意で1人で勉強したほうが効率的な場合や、すでに小型船舶免許を持っており、持っていない種類の取得に挑戦するといった場合には受験型の方がおすすめです。

 

国家試験免除型で小型船舶免許を取得するメリットは、しっかりと知識を身に着けられること、慣れた場所で審査を受けられることなどが挙げられます。一方でデメリットは、講習を受ける必要があるため時間がかかることです。できるだけ早く小型船舶免許を取得したいと考えている方や、しっかりと教えてもらいたいという方には国家試験免除型がおすすめです。免許取得にかかる費用を少しでも抑えたい方や、勉強は得意なため時間をかけて教わる必要はないという方には、国家試験受験型がおすすめとなっています。どちらも異なったメリットがあるため、自分に合った方を選択してください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

マリンスポーツのなかには、小型船舶免許が必要なスポーツがあります。たとえば、水上オートバイやクルージングを操縦するには小型船舶免許が代表です。しかし、小型船舶免許を取得したからとはいえ、すべ
続きを読む
エンジン付きの小型船舶を操縦するには、国家資格の小型船舶操縦免許証を取得する必要があります。身体検査・学科試験・実技試験のすべてを合格して、ようやく取得することが可能です。国家資格と聞くと難
続きを読む
「船舶免許教習所は何を基準に選んだらよいのかわからない」というお悩みを抱えている方はいませんか?そんなお悩みを抱えている方のために、本記事では船舶免許教習所を選ぶ際に意識するべきポイントや免
続きを読む