株式会社ダイイチの口コミや評判

公開日:2022/01/01  最終更新日:2022/01/28

株式会社ダイイチ
住所:〒510-0303 三重県津市河芸町東千里854-3

TEL:0120-410-194

最近ではマリンレジャーやフィッシングを楽しむ人がボートライセンス(船舶免許)の取得を目指すことも増えてきました。海を楽しむために取得しておいて損をすることはありません。今回は19年連続で優良教習所の認定を受けていて、熟練教員による丁寧な指導に定評のある「ダイイチ・ボートライセンススクール」について詳しく解説します。

無理なく学べるダイイチ・ボートライセンススクール

ボートライセンスというと、海に関係する職業の人が仕事のために取得したり、ボートを自分で所持したりしているような、少数の人にしか縁がないものと思われていないでしょうか?しかし実は、ボートライセンスは誰でも気軽にチャレンジできて、講習の価格も車の免許などに比べるとお手ごろな場合が多いのです。

ダイイチ・ボートライセンススクールではさまざまな人がボートライセンスの取得に向けて講習を受け、受験に合格している実績があります。

ボートライセンスを取得するメリット

海とはまったく関係のない仕事をしていても、自分でボートを所持していなくても、ボートライセンスを持っていることのメリットはたくさんあります。

たとえばフィッシングを趣味としている人なら、今まで沿岸釣りばかりでも、ボートライセンスさえあれば自分でボートを操縦して好きな場所で釣り糸を垂らすことができますし、旅行が好きな人なら旅先の海でボートをレンタルしてマリンレジャーを満喫することもできます。

ボートライセンスはボートを操縦できるというだけではなく、そこに付随するさまざまな楽しみを手に入れるためのチケットでもあるのです。

とはいえ、普段海とは関係のない生活をしているとどうしてもボートライセンスに対してハードルは高くなってしまいますよね。その点、ダイイチ・ボートライセンススクールでは未経験者や初心者にも親切に教えてもらえますので、気負うことなく受講できて安心です。

ボートライセンス取得に性別や年齢は関係ありません。実際、ダイイチ・ボートライセンススクールでも60歳以上の方や女性の方も受講して無事に合格し、ボートライセンスを取得されています。

2級は通常コースと自宅学習コースの2

ダイイチ・ボートライセンススクールでは、2級小型船舶操縦士の免許取得を目指す場合、通常コースと自宅学習コースの2種類が用意されています。試験の合格基準は、学科試験で各科目50%以上、合計65%以上正解することと、減点方式の実技試験で70%以上の得点を得ることです。

ダイイチ・ボートライセンススクールでは、受講者の89%の人が2級小型船舶操縦士の国家試験に合格しています。

通常コース

学科・実技ともにスクールで受講するコースで、スケジュールは学科講習が1日(9001700)、実技講習が1日(9001630)、国家試験が1日(900~終了次第解散)の計3日間、16.5時間で免許取得を目指すというものです。

自宅学習コース

学科講習をスクールで受けずに、自分で学習するコースです。講習申し込み時にテキストを渡してもらえますので、自分の好きなタイミングで自由に勉強できます。

その後、実技講習を1日(9001630)で受講、国家試験を1日(900~終了次第解散)で受験し、自宅学習の時間を除くと計2日間、9.5時間で免許取得を目指すことになります。通常コースとの違いは1日だけですが、自分のペースで学科をじっくり勉強したいという人には最適なコースです。

1級は通常コースのみで4日間の日程

2級小型船舶操縦士の免許では、20トン未満の船舶を沿岸から5海里以内の水域(および平水区域)で操縦することが可能になりますが、外洋へは行くことができません。

ですので、さらに1歩進みたいという人には1級小型船舶操縦士の取得をおすすめします。1級小型船舶操縦士であれば、操縦できる船舶の大きさは2級と変わりませんが、沿岸から100海里まで操縦できるようになり、海での行動範囲が大きく広がります

ダイイチ・ボートライセンススクールでは、1級だと通常コースのみが設けられています。スケジュールは、学科講習が2日(9001700)、実技講習が1日(9001630)、国家試験が1日(900~終了次第解散)の計4日間、23.5時間で取得を目指すというものです。

合格基準は2級小型船舶操縦士と同じで、ダイイチ・ボートライセンススクールでは2級からのステップアップの人も含め、受講者の94%の人が1級小型船舶操縦士の国家試験に合格しています。

 

「ダイイチ・ボートライセンススクール」について紹介しました。取得することで仕事の幅が広がったり、趣味を充実させたりできるボートライセンス。年々注目度が増していますし、さまざまな年代の人がその取得を目指そうとしています。

多忙な人でも、自宅学習できるカリキュラムがあれば安心ですよね。自分に合った方法で合格を目指すことができるように、スクール選びの際に参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

マリンスポーツのなかには、小型船舶免許が必要なスポーツがあります。たとえば、水上オートバイやクルージングを操縦するには小型船舶免許が代表です。しかし、小型船舶免許を取得したからとはいえ、すべ
続きを読む
エンジン付きの小型船舶を操縦するには、国家資格の小型船舶操縦免許証を取得する必要があります。身体検査・学科試験・実技試験のすべてを合格して、ようやく取得することが可能です。国家資格と聞くと難
続きを読む
「船舶免許教習所は何を基準に選んだらよいのかわからない」というお悩みを抱えている方はいませんか?そんなお悩みを抱えている方のために、本記事では船舶免許教習所を選ぶ際に意識するべきポイントや免
続きを読む